CLIENT: Microsoft Corporation
PRODUCT: Windows Live (Live Search)
CAROLセントラルサイト(キャロルヤード)
CAROL貼り付けブログ例
キャンペーンは2008年1月31日に終了しました。
審査目的の閲覧にはID/PASSが必要となります、ご了承下さい。
概要:

WicrosoftのWindos Liveのブランディング及び同社の検索サービスであるLive Searchの検索数増加を目的とし、ネットの原っぱに住む、人の検索した言葉を覚えて歌う鳥「キャロル」をモチーフにしたブログパーツ及びブログパーツを配布しネットワークするセントラルサイトを制作しました。

Live Search検索を通じて(他のブロガーと)繋がる楽しみを演出することに加え、秘密の言葉を検索すると現れるスペシャルコンテンツ、プレゼントページなど各種仕掛けを用意し、CAROLブログパーツを媒介とした嫌味のない形でのWindows Liveのブランディング、Live Searchの利用浸透を狙いました。

CarolはLive Searchでの検索がより楽しくて気軽な体験となるように、またブログユーザー同士のちょっとした新しいコミュニケーションのチャンネルを提供できるようにとの願いから創られました。

ブログパーツの検索窓からLive Search検索を行うと、キャロルが検索語を歌い、他のブログエントリーのキャロル達が飛んできます。

ブログエントリー上で語を"♪"(音符)で囲む、「おんぷワード」と呼ばれる独自のタグ付けの仕組みにより、検索語が含まれたキャロルブロガーのエントリーのキャロルたちが飛んで来る仕掛けになっています。

「キャロもじ」 - ブログエントリー上でフレーズを"♯"(シャープ)や"♭"(フラット)等の記号で囲むことにより、その語の脇にアイコンを表示させ、アイコンをクリックするとそこからキャロル達が現れそのフレーズを合唱するギミックです。

ブログのトップページでは、そのブログの各エントリーに住むキャロルたちが集まって、ブログのタイトルを合唱してくれます。

巨大ふくろう「ミミー」が映し出す夢との設定で、ブログエントリー上にFlashでMicrosoft及びMSNのプロモーション動画を配信しました。

Carol スペシャルコンテンツ「TORIKAGO」
Carol スペシャルコンテンツ「TORIKAGO」

秘密の検索語(「とりかご」「鳥かご」等)で検索を行うと、「なぞの鳥」がやってきて、ユーザーをゲストクリエイターが制作したスペシャルコンテンツに案内してくれます。
Carol スペシャルコンテンツ「TORIKAGO」

「聖なるたまご」 - 時折、キャロルはブログエントリー上でユーザーのマウスカーソルを強奪し、キャロルヤードに飛んでかえってそこに在る「聖なるたまご」をカーソルでつつき割ろうとします。 卵がつつかれた回数が指定されたキリ番に達すると、「聖なるひな」が誕生し、ひなを孵したキャロルを親と思い、そのキャロルのブログエントリーに住み着きます。

キャロルヤードでは、Live Search検索によって集まってきた、検索語を含むブログエントリーのキャロルたちが一斉にその検索語を合唱します。それぞれのキャロルをクリックすることで、そのキャロルの由来先のブログエントリーに移動することができます。

Carolはメディアとして、Windows Live のプロモーションのみならず、VistaやMSNといった他のMicrosoft製品/サービスのプロモーションにも利用されました。 Live Gadget版のCarolのRSSリーダーやVista用のデスクトップガジェットもリリースし、キャロルの世界を拡げました。

Carolのリリースは各ニュースサイトで取り上げられ、公開時は2月という時期にも関わらず「Carol」という言葉がtechnorati注目のキーワードの1位になりました。

Carolのプロモーションの一環として、各ブログサービスからCarolのブログテンプレートが提供されました。Carolのキャラクターの魅力から、多くのブロガーに利用されました。

クリスマスシーズンには、Carolの終了告知とユーザーへの謝恩を兼ね、Carolの検索機能を利用したプレゼントキャンペーンを実施しました。 ブログパーツ上でキャンペーン告知ページ上の質問の答えを検索語として検索すると、「リボンのキャロル」が登場、ユーザーを特別プレゼントコンテンツ「Carol Winter Night Live」に案内してくれます。

LAUNCH "Carol Winter Night Live"

「Carol Winter Night Live」は、今までに登場したキャロルのキャラクター達が総出演、彼らの最後のウィンターキャロルを合唱した後、プレゼントへの応募が行える構成となっています。

結果:

一年間のキャンペーン期間中、Carolブログパーツは約25000発行され、それらから総計80000匹程度のブログエントリー固有のキャロルが誕生しました。 ブログパーツは年間およそ1130万(実際にFlashが表示された回数)、ユニークユーザーでは延べ約320万回触れてもらうことが出来、最低でも70万件以上のLive Searchへのクエリーが確認できました(API経由のものだけをカウント)。 またLive Search(live.jp)やCarolでプロモーションを行った他のMSNのページにも多くのトラフィックを生み出しました。

technorati japanの検索結果では、8000以上のブログエントリーがCarolセントラルサイト(live-carol.jp)を参照したという結果が見られました(ブログテンプレートに付属の参照リンク含む)。

参考リンク:

* technorati.jpにおけるCarol関連ブログ検索結果
* ascii.jp Carol関連記事
* 日経IT+PLUS Carol関連記事
* IT Media Biz.ID Carol関連記事